看護師の未経験・経験者向け求人情報サイト
未分類

実際に看護師の未経験者やブランクがある人は大変?

看護師の資格はあるけれど、実務経験がないという方は実は多いです。
看護学校で学んでいる間に結婚出産し、子どもがある程度大きくなるころ就職したという例です。
このような方は未経験だからと自信がなく、就職に後ろ向きになりがちです。

しかし求人している多くの病院では、未経験やブランクの長い看護師への教育にも熱心です。
もちろん即戦力を求めていることに変わりはありませんが、ブランクといっても育児経験であったり、看護師以外の仕事についていたりと実は社会経験のある看護師は多いです。
そういった自信のない方々を自信もって勤務できるために、プリセプター制度があります。
これは先輩ナースに相談しやすい環境をつくるために、マンツーマンまたはチーム制で担当して指導にあたる制度です。

主にマンツーマンであることが多いですが、チーム制で対応してくれるとどの勤務帯にも担当チームのスタッフがおり、相談しやすい環境になります。
看護師の職場環境は必ずしも働きやすいとはいえません。
勤務時間はさまざまですし、いつも同じ顔触れと働けるわけでもありません。
勤務期間は長時間に及び、特に2交代勤務の夜勤は16時間です。
そのような環境下でストレスなく働くにはやはり知識と経験が必要です。実務経験なしで働き始める場合は、知識をいかにつけるかが大切です。
しっかり勉強してつけた知識は、自信の土台となります。自身がつけばその上の勉強にも気持ちが入り、先輩や医師に質問もできます。

さらに知識がついて、自信につながっていくというわけです。
勉強方法は人によって様々ですが、専門書を読み漁るより、アプリなどを利用するのもお勧めです。
心電図や心音、呼吸音聴取や検査データなどいまや様々なアプリがあります。
検索するだけで、簡単に知りたい情報を得ることができます。
患者様やそのご家族様がご利用されるようなアプリも今では大変専門的で看護師に必要な情報も網羅されています。
利用してみてはいかがでしょうか。

未経験者やブランクがある人は勉強をしよう

看護師の資格を持っているが、実務が未経験という人やブランクがかなり長くなってしまったという人は、医学や看護学に関してできる限りのことを勉強しておくことが肝心です。
医療関係の技術は日進月歩であり、常に最新の知識が求められることとなります。
実務経験がない人やブランクが長いという人でもしっかりと専門書で知識を身に付けることで、すぐに即戦力となることもできるでしょう。

看護師の仕事でのスキルは業務への慣れも必要ではありますが、医療や看護に関する知識をしっかりと身に付けているということが何よりも大切になります。
予備知識を専門書などで身に付けておけば、職場で経験したことも早く自分の仕事に取り入れることが出来るので、仕事の上達スピードも格段にアップしていきます。
看護師の資格を持っているが、実務経験がない人や職場を離れていたブランク期間が長かったという人は、求人に応募する際にも自信を持てずに面接などでしっかりと自分をアピールできないことがあります。
専門書などを利用して難しい知識を勉強しておけば、自信をもって求人に応募することが出来るようになるでしょう。

アプリなどを使って求人を探すこともでき、プリセプター制度がある求人なども探すことが出来ます。
全く業務経験がないという人でもプリセプター制度がある職場であれば、細かいこともしっかりと指導を受けることが出来るので、安心して業務に取り組めるでしょう。
マンツーマンの指導を受けることが出来るプリセプター制度があれば、自主的な勉強で身についた基礎知識をすぐに実践的な役立つスキルにしていけます。
経験不足は勉強することで補っていくことが出来るので、積極的に勉強をすることが重要です。