看護師の未経験・経験者向け求人情報サイト
歯石除去は歯医者で

実際に求職や転職をするかはともかくとして、転職を考えた時に多くの方はおそらく「求人情報サイトの利用」を真っ先に思いつくのではないでしょうか。
もちろんこれは看護師の方に限ったことではありません。
「マイナビ」や「リクナビ」などは知らない人を探す方が難しいでしょう。
そこで今回は、看護師の実務未経験の方、経験者の方を問わずに利用できる求人情報サイトをランキングサイトの利用法も含めて簡単に説明していきます。

看護師の求人を探す前に自分の希望をまとめよう

求転職の際には必ず言えることですが、自分の希望する条件をはっきりさせておくことが大切です。
これは求人サイトの利用のためだけではなく、就転職活動の基本中の基本です。
これをはっきりさせるとなぜ転職しようと思ったのかが明確になります。逆に言えば、「なんとなくの転職」を防ぐ意味合いもあるのです。
まずは自分の希望する条件を些細なことも含めて書き出してみましょう。
給料は最低いくら欲しいのか、転勤は可能なのかといったことから残業の有無等、どんなことでも構いません。

次に書き出した希望条件の優先順位をつけましょう。
書き出した希望が多い場合は3つか4つまで絞り込みます。
希望するものが多すぎると求人情報を探す際にも手間がかかりますし、そもそもすべての条件を満たせる求人というのはまず見つかりません。
給料優先なのか、時間的な余裕を優先するのか等の線引きをしておけば、それだけ選択の幅が広がります。
例えば給料が最優先で2番目は転勤無し、3番目は通勤時間として1時間圏内、その代わりに多少の残業はありでといった感じですね。

大切なのは優先順位をつけることだけではなく、条件の取捨選択を行っておくこと、ある程度の許容範囲を作っておくことです。
転職する理由のほとんどは「今よりもいい条件で働くため」ではありますが、すべての条件で今よりもよくなるケースの求人に出会えることはほとんどありません。
また、そのような求人は当然人気なので倍率も高くなります。
今の自分にとっての最優先事項は何であるのかをきっちりと把握したうえで、将来的なプランも視野に入れて考えましょう。
そうすることでよりスムーズな就職、転職の成功につながっていきます。

看護師は雇用形態も様々

看護師の雇用形態は常勤(正職員)や派遣(紹介予定派遣も含む)、パート等様々な形態があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

まずは常勤(正職員)ですが、給料面や社会保障等の安定性ではベストです。
また、継続雇用という点から見てもパートや派遣よりも有利です。
但し、残業や休日出勤といった時間的な制約が大きいことはデメリットと言えるでしょう。
勤務先にもよりますが、転勤の可能性も考えておかなければいけない点も他の雇用形態と異なる点です。

パート勤務の最大のメリットは時間的な余裕です。
例として週3日勤務や午前だけといった働き方ができるため、まだ小さな子供がいる場合でも働きに出ることも可能です。
また、転勤リスクがほとんどない事も常勤と比較してのメリットと言えるでしょう。
しかし収入面や雇用の安定といった面では常勤ほどではありません。
時間を最優先に考えるのであればパート勤務が最も適していると言えます。

派遣の場合、看護師としての実務未経験、あるいは結婚や出産などで看護師の業務から離れていた方でまずは実務経験を、というケースに向いています。
また、派遣の中でも紹介予定派遣であれば、一定期間派遣として勤務した後に常勤として就業することもできます。
但し派遣勤務者と派遣先企業、両社の合意が必要です。

紹介予定派遣の最大のメリットは、常勤になる前にお互いを知ることができる点です。
実際に働いてみないと分からない現場の雰囲気や人間関係などを常勤になる前に知ることができるのです。
雇用側も実際の勤務態度やスキル等を把握できるため、お互いのミスマッチを減らすことができます。
この点は常勤でもパートでも不可能なので、紹介予定派遣の最大のメリットと言えるでしょう。
しかし、給料面や雇用安定ではやはり常勤ほどではありません。

雇用形態が様々であるということは、自分の状況に合わせた勤務形態をとれるということです。
現状をしっかりと把握し、キャリア形成も視野に入れて選択しましょう。

看護師の求人サイトは大手が一番安心?

いざ求職活動を始めた際、必ずと言っていいほどお世話になる求人サイト。
しかし求人サイトにも様々なものがあります。
「マイナビ看護師」や「ナースフル」(リクルート系列)といった大手が運営しているものだけではなく、「グッピー」や「ナース人材バンク」など様々なものがあります。

では、実際に利用するにあたってサイトの規模で差はあるのでしょうか。
大手になればなるほど求人を出している企業(今回の場合は病院等の医療法人)の数も増えていきます。
つまりは希望条件に合う求人が見つかりやすくなります。
また、サポート関係(履歴書添削やコンサルティング等)にも期待できます。

それに対して小規模サイトはどうでしょうか。
こちらにももちろんメリットはあります。
まず、大手では拾いきれない求人情報が掲載されている可能性があることです。
例えば地域密着型の医療機関などでは、大手サイトに掲載するよりも中小規模の地域密着サイトに掲載した方が効率がよい、ということがあります。
また、優良企業ではあるものの規模が小さい為大手サイトが見逃しているケースもあります。
小規模サイトではそのような掘り出しもの的な求人案件を見つけられることがあるのです。

実際のサイトの利用例としては、「マイナビ看護師」「ナースフル」や「グッピー」といった大手でメインの活動を行いながら小規模サイトで穴を埋めていくといった方法があります。
大手と中小の併用でより効率的に活動をすることができます。
大切なのは大手や中小といった規模だけで選んだり1つだけに絞り込まず、複数のサイトを併用するということです。
希望の条件を満たす求人を拾える確率を上げていくことがスムーズな求転職活動につながります。

看護師の求人サイトをランキングにしたサイトも存在

では、実際に登録先を選ぶ時にはどうすればいいのでしょうか。
そんな時に参考になるのが「看護師求人サイトのランキングサイト」です。
「ナースランク」や「ナース求人百科」などのサイトがあります。
どのようなサイトがどのような理由で人気なのかが一目で分かる上に、上位に入っている求人サイトはたいていリンクが貼ってあるので、すぐに見に行くこともできます。

こうしたサイトをうまく使うことで、自分に合った求人サイトを見つけやすくなります。
例えば「ナースランク」であれば「口コミランキング」と「評価点ランキング」の二つでランキングを付けています。
他にもさまざまなランク付けの方法があり、「企業看護師の求人数が多い」や「託児所あり登録数が多い」、「夜勤の求人数が多い」「パートの求人が多い」などもあります。
自身が最優先したい条件と照らし合わせて、ランキングを参考にすることもできます。

複数の看護師求人サイトに登録したいけど迷ってしまう、という方はこのようなサイトで情報を集めて考えていくのもいいでしょう。
「今すぐ転職を考えてはいないけど」といった潜在型求職者の方の事前情報収集にもうってつけです。
もちろんそれ以外の方にも有用です。
経験者・未経験者問わずに使えるサイトを探すのにも重宝します。

さらに、ランキング上位のサイトであっても不満点を事前に知っておくことで、その穴を埋める方法を考えるといった使い方もできます。
例えば二つのランキングを見比べて上位にある複数のサイトを利用すれば、お互いの欠点を補えます。
また、複数のランキングを比較することで自分自身により適した求人情報サイトが見つかる可能性を上げることもできます。

  • NoImage
    未分類

    看護師の資格はあるけれど、実務経験がないという方は実は多いです。 看護学校で学んでいる間に結婚出産し、子どもがある程度大きくなるころ就職したという例です。 このような方は未経験だからと自信がなく、就職に後ろ向きになりがちです。 しかし求人している多くの病院では、未...

  • NoImage
    未分類

    看護師の求人を探すときに、転職サイトや転職エージェントを使って探す方がいますが、より幅広く探すために希望求人をハローワークで見つける人も少なくありません。 ハローワークから出ている求人内容はブラックが多いと言われることもあります。 看護師の場合は専門職求人ですので、...

  • NoImage
    未分類

    看護師の職場は病院だけではありません。 老人ホームやデイサービスなどのような医療関係の職場はもちろん、保育園や学校なども看護師を募集しています。 それだけでなく最近では一般企業が企業内看護師として看護師国家資格を所持しているスタッフを募集している場合もあります。 ...